明日、7月25日はマヤ暦における「13の月の暦」で「時間をはずした日(DAY OUT OF TIME)」

 

D4FF72D9-D6F1-4BE8-AE23-682A4E907F90.jpeg

「13の月の暦」は、マヤ暦研究の第一人者であるホゼ・アグエイアス博士夫妻の研究によって提唱された太陽暦であり、1ヶ月28日、1年13ヶ月で構成されています。

そして28日×13ヶ月=「364」日となり、太陽年である「365」日に1日足らないので、毎年7月26日の新年元旦の前に「時間をはずした日」が加えられたのだそうです。

大晦日でも元旦でもない「時間をはずした日」

 

現在いろんな暦があるけれど、普段マヤ暦を使っていない人でも、明日は時間を外した日を意識し過ごすと、明後日からの新年、新しいスタートを切り出しやすくなるので、トライしてみてください。

 

◇(時計を見ずに)時間に追われずに過ごしてみる

◇美味しいもの食べる(なるべく添加物等が入っていないものが望ましいが、食べたいものを楽しんで食べる事が大事)

◇締めつけのない衣服を着て(できるだけ天然素材のもの)

着心地を味わう

◇好きなことをして過ごす

 

平日でお勤めの方も多いですが、できる範囲でやるといいでしょう。

 

読んでくださり、ありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中