aiは天女のエスコートで、籠にのって龍宮城に案内された。

 

3466291F-2169-4F0A-9B31-0FB6E99E7E0B

 

乙姫様に歓迎された。

乙姫様の近くに黄金色をした龍神がいた。

 

aiはかねてから疑問に思っていた潮満珠(しおみつだま)と潮干珠(しおひるだま)について聞いてみた。

 

龍神は声を発するでもなく、でもaiの脳裏にこのように浮かんだ。

龍蛇族の人はもともと龍使い

(龍神でない龍を使っていた)

マイ龍がいる

 

龍は水を操る力をもつ

その龍を自在に動かす力が

潮満珠(しおみつだま)と潮干珠(しおひるだま)である

 

そうやって、あたりを見回すと、そこには大きな潮満珠(しおみつだま)と潮干珠(しおひるだま)がおいてあった。

 

神話で山幸彦がもらってかえった(玉手箱に入っていた)のは、このミニ・バージョン

の潮満珠(しおみつだま)と潮干珠(しおひるだま)だった。

龍宮城からかえった山幸彦は、それを使って海幸彦に勝った。

 

潮満珠(しおみつだま)と潮干珠(しおひるだま)は、水(龍)を動かす力の象徴

 

山幸彦自体が魔法を使った訳ではないのと同じで、龍蛇族の人は魔法使いではないが、マイ龍に命じて、水を動かす(雨を降らせたり、洪水を起こしたりする)ことも可能

 

でもそれは、個人的意図、欲求からではなく、

「みんなのため」

という大志が必要、必須

 

たとえば、明日試験だから、雨が降らないように…などは ✖︎

しかし、雨全体を止めることは不可能でも、自分のいるところだけ、雨を降らなくさせるとか緊急時は可能

(私利私欲で天気を変えてというようなお願いは ✖︎)

 

龍蛇族は、もともと龍とテレパシーで会話できる(能力をもつ)

(使わないから、忘れているだけ)

 

多くの龍はシリウスに帰っていたが、今この時期、再び地球に帰ってきている。

龍と人間とで、一緒にすることがある

 

こころの声でaiはそのような答え(?)を受けとっていた。

 

我にかえり、気がつくと  “ 夢!?”

 

もし、昔話の山幸彦のお話に、番外編があるとしたら、まだ語られていない、このようなストーリーもあるかもしれない…

 

つづく

 

龍のDNAを持つものよ

1件のコメント »

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中