では、インプラントがあるとどのようになるのか…

例を挙げると

インプラントは、拒絶と投影という心理的メカニズムの主な原因になっています。この2つの心理的メカニズムは、ライトワーカー同士の内輪もめを絶えず引き起こしています。(君のエゴは大きい! いや、君のエゴが大きいのだ!)。そして光の戦士同士の内輪もめも。(お前は偽情報の工作員だ! いや、お前こそが偽情報の工作員だ!)。

(訳注:心理学における投影とは、自己の悪い面を認めたくないとき、他の人間にその 悪い面を押し付けてしまうような心の働き)。

この2つの心理的メカニズムは、ネガティブな非物質的エンティティーと、アルコン/キメラのベールのテクノロジーによって、さらに強く働くようにされました

https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2015/10/1996.html より転載

Cobraさん関係の翻訳をされているNOGIさんはこのようにツイートしています。

インプラントがある場合

それを解除すると明確に意図しないと、勝手に外れることはまずないでしょう。

一人で解除するのが難しい場合は、専門家に観てもらい、サポートしてもらう

そして、もしあった場合は速やかに解除するのをおすすめします。

(それらによって自由を制限されているのですから)

※ここで言うインプラントは歯科のインプラントではありませんので、念のためつけ加えます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中