自分の場所はストーンがよく知っている

だから

石の導きに任せて

チンタマーニ・ストーン(以下CS)埋設が終わった。

何とも言えない、充足感、満たされた感じ

終わるとその余韻を味わっていたが、頭の片隅に浮かぶのは次のこと

「また埋めたい!どこがいいだろうか?」

と考えた時に浮かんだのが、このフレーズ

今までたくさんの石と関わってきて、「この人のところに行きたい」という石の意思を尊重し持ち主に届けてきた。CSはCSの意思により、「ここに埋めて、私の場所はここですよ」ということを教えてくれるだろう。

実際、今回もそうだった。

一応前もってどの辺りがいいか、CSとガイドに聞いておいた。

その辺りに立ち、CSを持ってあたりを見回した時、光って見える場所があった。

そして、そこに埋めた。

やってみると、驚くほど簡単。穴を掘って埋めるだけ。

だが、ここまで来るのに、3回流れた。

1月初めにやってきたCS。早く埋めようと1月中に埋設日を決めた。(友人に声をかけてみたら参加するというので、4人でやることになった)が、前日から大雪。外で何かできるような状態ではなく延期。2月に設定し直すが、またその前日から大雪。

今年は例年になく雪が多かった。あたたかくなって天候が落ち着いたらということで、一旦保留にした。(ガイドに聞いたら、急がなくて大丈夫とのことだった)

そんな中、2月13日の福島県沖が震源地の震度6の地震

私が住んでいる地域も震度6だった。

久しぶり(10年ぶり)の大きな揺れに、東日本大震災のトラウマを再発した人が多いと感じた。私自身、しばらくは地震なのか、そうでないのかわからず、体が揺れているという感覚がけっこうあった。

「もし、CSをもっと早く埋めていたら、この地震(そして、地震による被害)も小さくて済んだのだろうか」

という疑問が浮かんだ。

答えはたぶん Yes だろう

だが、埋めずにいてもCSはCS

ここ(自分の手元)にいても、働きはしてくれるだろうと思い

それから、他のCSも動員して、自分なりに地震対策を講じることにした。

(ガイドによると、その時は、埋めるよりそうする方がいいとのことだった)

いつの頃からか、石と会話していたし、埋設についてガイドにも何度も聞いた。

そして、両方から返ってきた応えは

「(埋めるのは)まだ、先でいい」ということだった。

それで、埋めるまではCSに地上で働いてもらうことにした。

そして、地震は自分のスイッチが入る起爆剤であることに気づいた。

東日本大震災の時も。

コロナはどこか他人事な感じがしていた。それでも、集団瞑想に参加したり、できることはやろうとしていたが、どこか本気ではなかった。

10年の節目を迎える3.11の約一ヶ月前に、また3.11を彷彿させる大地震

それも被害が大きかったのが福島、宮城という巡り合わせ

に奮起せずにはいられなかった。

震災後、(福島復幸のために)自分なりにやりたいことをやって、やり切った感があった。

その後、自分がここにいる意味を探しても「これ」というものが見つからず、なんとなくここに居続けたが、ここでできること、することがまだあることに気づかされた。

それにCSが関わっているらしい。

福島県内に一つ埋設したら、まだこれで終わりではない、次がありますよと言われたような気がした。まず自宅にと思って埋めた時もそうだった。

「もっと埋めたい、埋めなきゃ!」と思って、そのCSにめぐり逢った。

そして、グランドオーガナイザーの描いた大きマップ(地球上のCSグリッドを描いたもの)があって、たぶん(埋設用の)CSの一つ一つに、その場所がインプット(プログラミング)されているのではないか?という仮説が浮かんだ。

自分の場所はCSがよく知っている、だから、(あれこれ考えていないで)

Let the stone guide you.

石に導かせて(直訳) 

石の導きに任せて

なのではないかと思った。

その後、CSの導きにより福島県内、九州、北海道などに埋設。

そのレポートは後ほどアップする予定。

自宅等にCSを埋設したいという方は埋設用ストーンも扱っていますのでお問い合わせください。

➡️こちらから

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中